低炭素なくらし・移動

基本的な考え方

デンソーは、社員一人ひとりの環境行動が温暖化防止の大きな推進力になると考えています。
そこで社有車に次世代自動車EV(電気自動車)・PHV(プラグイン・ハイブリッド車)やカーシェアリングを導入することによる移動エネルギーの半減や、家庭における節電の工夫を図りエネルギー使用量の半減をめざすなど、エコライフ実践への啓発と基盤整備に努めています。

具体的な取り組み

移動エネルギー半減に向けた取り組み

デンソーでは、社有車のクリーンエネルギー車・低公害車化の促進や、最寄駅とのシャトルバス配車による公共交通機関の利用維持・促進などを行っています。

エコ移動システムの推進[(株)デンソー]

出張や製作所内移動など、業務でクルマ(社有車)を使うシーンはたくさんあります。(株)デンソーでは、業務移動による環境負荷の低減・省エネを推進するため、自社独自技術(マイクログリッドなど)と環境対応車(EV・PHV)を組み合わせた「エコ移動システム」の導入を推進しています。
また、電力を蓄えた超小型電気自動車は「移動する電源」として、災害時などに商用電源が停止した場合でも必要な場所に電源供給が可能です。

    • alt

      西尾製作所

    • alt

      安城製作所(構内移動用)

  • alt

    【注1】小規模な太陽光発電と蓄電池、超小型電気自動車を活用して、電力を供給する独立型の直流分散電力システムと車両管理システムを組み合わせた「ピコグリッドシステム」(デンソーが開発)を活用。直流のまま扱うことで直流から交流への変換ロスを抑制。 - 【注2】構内エコ移動システムは大規模製作所のみ。

エコドライブの推進[(株)デンソー]

毎年11月をエコドライブ啓発月間に設定し、エコドライブと交通安全を同時に学べる社内講習プログラムを展開するなど、社員の意識向上を図っています。

※エコドライブとは:環境に配慮した自動車運転方法。運転時、アイドリングをしない、スムーズに加速・減速するなど、注意深い運転方法を行うと、燃料消費を節約でき、二酸化炭素の排出を低減できる。