あらゆるモビリティの環境負荷を減らす

私たちデンソーは、化石燃料や電気、そして水素などあらゆるモビリティのエネルギー消費を抑えることで
はじめて地球に優しい移動が実現できると考えています。

さらに、吸った空気より排出する空気のほうがきれいになる浄化技術や生産工程の無駄を最低限に抑える取り組み
そして廃棄後のことも考えた地球に優しい素材選びなどモビリティの一生を通して、環境への負荷を最小限に抑えます。

01エネルギー効率を高める

部品の高効率化はもちろん、車両視点でエネルギー消費の最小化に取り組んでいます。

02排出物質を浄化する

吸った空気よりも、排出する空気の方がクリーンにできるような、排ガス浄化システムを開発しています。

03生産・廃棄時の環境負荷を減らす

IoTを活用することで工場をコンパクト化することで、生産時の環境負荷を低減し、さらに廃棄時のことも考えた、環境に優しい素材選びを行うことで、無駄のない生産とCO2ゼロ化に取り組んでいます。