alt

デンソーグループのステークホルダー

基本的な考え方

デンソーの事業活動は、多様なステークホルダーとの関わりの中で進められています。
持続可能な社会づくりに向け、社会的責任の国際規格である「ISO26000」などを参考に、事業活動と関連するステークホルダーへの責任を明らかにするとともに、自社の論理や思い込みにとらわれて独善的な活動とならないようにステークホルダーの皆様との対話を大切にしています。
いただいたご意見や社会のニーズを企業活動に反映させ、社会的責任を果たしていきます。

デンソーとステークホルダー

    • デンソーとステークホルダー

お客様

世界の自動車メーカーや販売店、クルマのユーザーなどが中心ですが、それにとどまらず、さまざま分野(流通、交通インフラ、農業、FAなど)でお客様が存在します。サービス店や業務提携先とともに、お客様から信頼され満足いただける製品・サービスの提供に努めます。

<事例>
・お客様窓口(電話、ホームページ、電子メールなど)
・SS※総会 ※デンソーサービスステーション
・サービス技術コンクールなど通じたサービス技術のレベルアップ など

株主・ 投資家樣

株主数は約8万名。適時・適切な情報開示と対話を通じて、経営の透明性を高めるとともに、デンソーの魅力を正しく伝えることで企業価値の向上に努めます。

<事例>
・株主総会
・決算説明会、個別面談 (機関投資家向け)
・統合報告書、有価証券報告書、および事業報告書の発行 など

取引先様

デンソーがお取引をしている仕入先は約6,100社。取引先 との定期的な対話を通じて、信頼関係を築きあげるとともに、サプライチェーン全体としてのサステナビリティのレベルアップを図ることを通じて相互発展をめざします。

<事例>
・仕入先総会
・仕入先様におけるサステナビリティ自己診断の実施
・仕入先ダイアログ など

社員

デンソーの社員は世界で約17万人。全社員が会社情報を共有 し、また会社・社員が一緒になって考えることで、社員一人ひと りがいきいきと働ける会社をめざします。

<事例>
・社員意識調査
・社内報やイントラネットを通じた情報発信
・各種相談窓口 (なんでも相談室、ホットラインなど)
・労使懇談会など

地域社会・ 国際社会

デンソーは35の国と地域で221のグループ会社が事業展開しています。ステークホルダー(地域住民、行政、NPO/NGO、学生など)と対話を行うことで社会の課題を把握し、協働してその解決に向けて取り組み、社会の持続的な発展に貢献します。

<事例>
・地域住民や行政などとの懇談会開催や会社見学の開催
・社会貢献プログラムにおけるNGO/NPOとの協働活動
・学生向け教育プログラムやモノづくりスクールの実施
・企業団体への参画(経団連、自動車部品工業会) など