diversity-img-main

多様な人材の活躍推進

基本的な考え方 – 共感される企業であり続けるために–

デンソーがこれからも社会に信頼され、共感される企業であり続けると同時に、発展し続けていくためには、世界中のさまざまな社員の力や視点を活用していくこと、つまりダイバーシティ&インクルージョンのさらなる推進が重要になってきます。
多様な価値観をもった社員から生まれる「新たな発想」を大切にし、社員一人ひとりの個性を尊重し思いやる「温かな心」を育むことは、デンソーの持続的成長にとって欠かすことができません。したがって、デンソーは、人種・性別・年齢・国籍・宗教、障がいの有無、経験、価値観など目に見えない違いも含め、多様な人材が生き生きと活躍できる環境・組織風土の実現に向けて、グローバルに取り組みを進めています。

1. グローバルでの取り組み

2016年 デンソーはダイバーシティ&インクルージョンに取り組む姿勢を社内外に示すべく、ダイバーシティ社長メッセージを発表し、当社ウェブサイトや社内イントラネット、社内報などで公開しました。
トップのダイバーシティ&インクルージョン推進に対する強い思いの下、世界各地域において積極的に取り組みを進めていきます。

ダイバーシティ&インクルージョン担当役員のメッセージ

経営役員 伊藤 健一郎



デンソーは地球にやさしく、すべての人が安心と幸せを感じられるモビリティ社会の実現に向け、新たな価値を創造する企業です。
私たちが目指す、カーボンニュートラル・交通事故ゼロの社会の実現のためには、イノベーションが必要です。

イノベーションの源泉は異なる意見・アイデアを自由闊達に交わせる共創環境だと考えます。
こうした環境を生み出すには、多様な才能・価値観を持つ世界中の社員(ダイバーシティ)が、心のこもったコミュニケーションを通じて相手を理解し、尊重し合うこと(インクルージョン)が何よりも重要です。

絶え間なく変化する社会の期待に応え、共感される企業であり続けるために、デンソーは、ダイバーシティ&インクルージョンをグローバルで推進していきます。

取り組み事例

ダイバーシティ&インクルージョンの課題は国や文化によって異なるため、地域事情に合った活動を進めています。
例えば、生産現場で働く女性が多いベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンやタイでは座った状態で作業ができる妊婦ラインを設置。妊娠中も母体に負荷をかけることなくいきいきと働ける環境の整備、授乳中のワ―キングマザーのサポートも実施しています。
また、北米においては6月の「プライド月間【注】」に社内イベントを開催し、性的マイノリティの方へのアンコンシャス・バイアスを撲滅する取り組みをしています。

【注】世界各地でLGBT+の権利や文化、コミュニティーへの支持を示す、さまざまなイベントが行われる月間

  • diversity-img-childcare-global-jp

2. 日本国内での取り組み

(1) 多様性の促進に向けて

(株)デンソーでは、「女性・高年者・障がい者・外国人の活躍促進」を重要課題として、2014年1月よりダイバーシティ推進の専任組織を強化し、人事最高責任者(CHRO)のリードのもと、制度の拡充や社内の意識改革の推進などに取り組んでいます。

年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
女性 5,103名
(12.7%)
5,345名
(13.1%)
5,674名
(13.9%)
6,529名
(14.2%)
6,631名
(14.6%)
高年者
(定年後再雇用者)
1,963名 1,869名 3,396名 3,406名 3,679名
障がい者【注1】 597名
(2.07%)
634名
(2.18%)
743名
(2.22%)
774名
(2.25%)
825名
(2.28%)
外国人【注2】 203名 260名 286名 369名 278名

【注1】障がい者:(株)デンソー、デンソー太陽(株)、(株)デンソーブラッサム、合計の障がい者雇用数・雇用率
【注2】外国人:(株)デンソー採用と海外グループ会社からの出向の合計

(2) 女性の活躍推進

(株)デンソーでは、女性の採用を強化するとともに、ライフイベントを経てもキャリアを継続できるような環境の整備とキャリア形成支援を実施、継続的に女性の活躍推進を図っています。

【女性活躍推進のロードマップ】

キャリア形成面談の実施 年1回、上司がキャリアについての面談を実施し、その内容をふまえて上司が中長期的な育成計画を作成。計画に沿って日々の業務遂行・育成を行うことで、二人三脚でのキャリアデザインの実現をめざしています。
女性リーダー研修 新任女性管理職に対し、組織管理概論や手法の座学に加え、上司の支援のもと、職場課題解決を通してリーダーとしての発想や組織管理手法を実践・体得する研修を実施しています。
技能系女性活躍推進
ワーキング活動
技能系の女性管理・監督者と工場長で、性差なく誰もがいきいきと活躍できる職場実現に向けた課題・対策の議論をしています。
キャリア形成のためのロールモデル紹介など女性同士のネットワーク拡大も行っています。
管理職向け女性活躍研修 管理職が女性活躍推進の意義(経営にとっての意義、職場にとっての意義)を理解し、職場風土を変える推進者となるよう、女性活躍推進の必要性や、女性部下との接し方、キャリア形成、評価などについて対話形式で研修しています。
新入社員向けダイバーシティ研修 女性に限らず、多様な人材の活躍が企業にとって不可欠であることや、アンコンシャス・バイアスがあることを意識するための研修を行っています。
女性のための健康セミナー 女性特有の健康課題があることを理解し、健康でいきいきと働くためのセミナーを実施しています。
育休前後面談の実施 時間の制約を受けやすい育児期にもキャリアの継続をあきらめることなく、成長につながるような仕事にチャレンジすることが、本人の成長意欲につながります。上司と部下が一体となって、働き方を議論、キャリア形成をすることが必要と考え、育児休職の前と後で面談を実施しています。(年間 約300人)
復職支援セミナーの実施 育児休職中には復職後の働き方をイメージするため、女性社員のみならずパートナーと参加できるセミナーをオンラインで開催。女性社員の円滑な復職を支援すると共に、"仕事も育児も力を合わせて"乗り越えられるよう、パートナーの意識改革を促しています。
両立支援ハンドブック 本人またはパートナーの妊娠発覚から出産、復職の各フェーズにおいて取り組むことを記載したハンドブック(男性用、女性用、上司用)を作成し、両立を支援しています。
女性相談窓口の設置 女性社員がキャリアプランや出産・復職などの悩みを気軽に相談できる専用窓口を設け、同じ経験を持つロールモデルを紹介するなどの支援を行っています。
配偶者の転勤等に伴う再雇用制度の実施 配偶者の転勤や介護に伴う退職者の再雇用を実施しています。
職種転換制度 実務職として入社した社員が、総合職としてキャリアを新たに築けるよう、職種転換の制度を設けています。
各種勤務制度 テレワーク、フレックス、時短勤務、時間外労働の免除、夜勤の免除、半日単位の有休、積み立て有休、副業、再雇用制度(介護・配偶者転勤)など、勤務における多様な選択肢を設けています。

女性の役員・管理職[(株)デンソー]
年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
役員【注1】 1名
1.9%
1名
1.9%
1名
1.8%
2名
7.1%
2名
7.4%
女性管理職 53名
0.8%
69名
0.9%
86名
1.1%
103名
1.3%
113名
1.5%

【注1】 2018年度まで:取締役、監査役、常務役員、専務役員、2019年度以降:取締役、監査役、経営役員

女性の新卒入社人数と女性比率【注1】[(株)デンソー]
年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
事務系総合職 16名
24%
28名
48%
24名
41%
29名
52%
25名
48%
技術系総合職 49名
17%
52名
16%
58名
14%
54名
14%
46名
14%
技能職【注2】 55名
28%
69名
28%
123名
32%
101名
29%
79名
30%
実務職 36名
100%
36名
100%
29名
94%
19名
100%
27名
100%
採用全体 26% 27% 26% 25% 24%

【注1】表中の(%)は、各職種の全採用者数における女性の割合。
【注2】デンソー工業学園除く

(3) 高年者の活躍支援

(株)デンソーでは、高年者の豊かな経験と能力の発揮及び本人の働きがいの支援に向けて、社員のライフプランに合わせた多様な働き方・生き方を支援するとともに、定年後も活躍する制度や高年者のチャレンジ意欲を高める施策を導入しています。
定年退職者の85%が再雇用制度を利用、在職中の経験を活かして活躍しています。

  • alt

【注1】50代キャリア研修ⅠⅡ:以下2コースを開催
  1. キャリア・ライフマネジメント研修 (マネジメント職以上社員対象)
  2. 生き方・働き方プランニング研修 (指導・専門職以下社員対象)
【注2】キャリアアソシエイト制度:全社員を対象とし、定年後、希望者全員を再雇用する制度で、多様な就労希望に応えるため、短日数・短時間勤務も導入
【注3】シニアチャレンジ制度:希望者に対し、大手人材紹介会社と連携し、本人の持つ知見、スキルを活かせる社外での就労機会を提供

    • diversity-img-senior-employees

      「50代キャリア研修」風景

(4) 障がい者雇用への取り組み

デンソーの障がい者雇用について

(株)デンソーでは、1978年より障がいのある方の社会参加・自立を目的として、身体障がい者の雇用を開始しました。
1984年には、愛知県で初となる肢体不自由者を主体とした特例子会社の「デンソー太陽」を設立しました。その後、2016年には、知的・精神障がいのある方の活躍の場として、オフィスサポート業務を中心とした新たな特例子会社「デンソーブラッサム」を設立しました。

現在デンソー及び特例子会社では、800名を超える障がいのある社員が、貴重な戦力として仕事に打ち込んでいます。

障がい者雇用の方針

デンソーでは、障がいのある方に活躍の場を提供し、安心して長く働き続けてもらうことを目指し、以下の2点を雇用方針に掲げて取り組みを推進しています。

  • 障がい者の社会参加・自立のため、積極的に雇用する

  • 障がい者がその能力を発揮し、活き活きと働くことができる企業となる

  • alt

    (株)デンソーブラッサム作業風景

デンソーの取り組み
 1978年  身体障がい者の定期採用開始 
 1984年  特例子会社デンソー太陽設立
 1999年  知的障がい者の定期採用開始
 2007年  障がい者技能競技会(アビリンピック)参加
 2016年  特例子会社デンソーブラッサム設立

障がい者雇用率の推移

 

  • diversity-img-employment-rate-ja

活躍支援に関する取り組み

(株)デンソーでは、障がいのある社員も、健常者と同じ職場で、同じ業務に携わっています。
障がいをハンディキャップと感じることなく、安全に、生産性高く活躍するため、障がいの特性に応じた様々な支援や配慮をしています。

聴覚に障がいのある社員への配慮

非常時の連絡方法の改善

通常、非常時の連絡は「音」によって行われるため、聴覚に障がいのある方は察知することができません。
周囲に作業者が少ない場所には、大型のパトライト等を設置し、視覚から緊急事態を認識できるようにしています。

  • 非常時の連絡方法の改善
  • 聴覚に障がいのある社員の比率

設備稼働状況の把握方法の改善

通常、作業の仕掛けや終了のタイミングは信号音で作業者に知らされますが、聴覚に障がいのある社員にも伝わるように、設備操作が必要なタイミングを振動で知らせるツール(シルウォッチ)を導入し、安全と作業性・生産性の両立を図っています。

  • 設備稼働状況の把握方法の改善

業務支援

職場教育やミーティングのコミュニケーション支援として、手話通訳者や要約筆記者を派遣しています。
職場メンバー自身が手話を学び、聴覚障がいのある人とのコミュニケーションを支援する「手話サポーター制度」も運用しており、現在200名の社員がサポーターとして登録されています。
コミュニケーションの支援ツールも積極的に活用しています。携帯可能な筆談器や、音声を自動認識し文字化するツールも導入しており、多くの職場で活用されています。
また、職場メンバー向けに「聴覚障がい者理解研修」を実施し、障がいの特性や配慮事項について理解を深めています。

    • 手話通訳によるコミュニケーション支援

      手話通訳によるコミュニケーション支援の様子

    • 携帯可能な筆談器

      筆談器

    • 音声を自動認識し文字化するツール

      音声文字化ツール

    • 聴覚障がい者理解研修の様子

      聴覚障がい者理解研修の様子

アビリンピックへの参加

アビリンピック(全国障がい者技能競技大会)への参加を積極的に支援しています。
2004年度より、電子機器組立部門へ毎年出場しており、常に上位の成績を残しています。

  • アビリンピック累計メダル獲得数

    アビリンピック累計メダル獲得数

身体に障がいのある社員への配慮

安全への配慮

安全への配慮は、個人の要望や事情を考慮して対応しています。例えば、低身長の社員が所属する職場では、扉を透明のスライド扉に変更したり、階段昇降のため低い手すりを設置したりすることで、安全性を確保しています。

  • 安全への配慮

【TOPICS】 デンソー太陽

特例子会社の「デンソー太陽」は、障がいのある人の自立支援を目的に、「No charity, but a chance(保護より機会を)」を理念に持つ「社会福祉法人太陽の家」との共同出資によって1984年に設立されました。特例子会社としては、愛知県初、自動車部品業界初の設立となりました。通常の職場で働くことが困難な、肢体に障がいのある方を中心に雇用しています。
モノづくり企業の特例子会社であることを活かし、自動車部品の生産を事業としています。他の生産現場と同等の品質と生産性を追求しており、生産ラインは障がいのある社員自らの目線で、作業しやすく、且つミスをしづらいように考えられています。リーダーや管理職も障がいのある社員が担っており、障がいの有無に関わらず、安全・品質・生産性を担保する職場を形成しています。

  • デンソー太陽の様子 1
  • デンソー太陽の様子 2

デンソー太陽 のホームページ

【TOPICS】 デンソーブラッサム

デンソーブラッサムは株式会社デンソーの特例子会社として2016年1月に設立されました。そして、社名に込められている通り、一人ひとりの魅力や能力の花が開き「よろこび」を感じてもらえるような会社をめざし、2017年4月に操業を開始しました。
シンボルマークは、キンレンカ・サフラン・ガイラルディアをモチーフとし、それぞれの花言葉である「成長」、「信頼」、「チームワーク」を社員の行動指針としています。
そして、社員一人ひとりの能力や個性に配慮し、安心して、長く働き続けられる環境づくりを目指しています。

  • デンソーブラッサムのロゴマーク

操業当初は20名の障がい者でスタートしましたが、2020年には60名弱の仲間を迎え入れることができました。
また増員・事業の拡大に伴い20年9月には、安全、安心、使いやすさに、より配慮した新社屋にオフィスを移転するなど、障がいを持つ社員の働く環境を整備しています。

  • デンソーブラッサム新社屋外観

    〈新社屋外観〉 ※1、2階がブラッサムオフィス

  • スライドドア

    〈スライドドア〉 ブラッサムオフィス内の主要なドアはスライドドア

  • 多目的トイレ

    〈多目的トイレ〉 オストメイト設備も設置

  • 洗面台

    〈洗面台〉車いすでも使用できるよう洗面台下にスペースを設置

操業時は本社の清掃業務およびメール集配業務をメイン事業としていましたが、障がい者採用を強化・増員する中、昨今では書類の電子化・裁断業務や、東京支店の清掃業務を開始し、障がい者の活躍の範囲を広げています。

〈活躍風景〉

~朝のラジオ体操・朝礼の様子~

  • 朝のラジオ体操
  • 朝礼の様子

~清掃業務~

デンソー本社のオフィスビルの廊下、エレベーターホール、階段、研修室、食堂、トイレなど、共用スペースの日常掃除を行っています。安全・きれいに・効率よく、チームで力を合わせ清掃業務に取り組んでいます。

  • 清掃業務

~メール集配業務~

デンソー社内およびグループ会社を往来する書類・郵便物を仕分け、行先ごとへの発送とデンソー本社内の各部署へ集配を行っています。

  • メール集配業務

~書類の電子化~

スキャニング(紙文書等の電子化)、必要な情報のデータ入力、仕分け作業(書類やカードなどの仕分け、分類)を通じてデンソー及びデンソーグループ各社の事務サポートを行っています。

  • 書類の電子化

今後も、働きがいや成長する喜びを感じられる職場、個性を認め支えあうチーム、更には安心して長く働き続けられる環境づくりを目指し、社員が一丸となって進めていきます。

デンソーブラッサム のホームページ

障がい者スポーツ支援

デンソーは、障がい者スポーツ支援にも注力しています。スポーツは、障がいのある人の残存機能の回復に有効であるとされており、積極的な参加を促しています。

また、デンソー太陽からは、毎年「大分国際車いすマラソン」に参加しています。世界最大の車いすレースとして大分県大分市で毎年開催されており、観客に大きな感動を与えています。

    • 大分国際車いすマラソンレース中の風景

      大分国際車いすマラソンレース中の風景

    • デンソー太陽からの参加者と応援団

      デンソー太陽からの参加者と応援団

(5) LGBTQへの取り組み

㈱デンソーでは、誰もが活躍できる働き方の実現を目指し、性別・性自認・性的指向・性表現などによる差別のない職場環境を提供できるよう、社員の意識改革・理解活動とともに、性差のない仕組みへと改善を行っています。

【取り組み事例】


  1. 全ライン長 約3,100名へのハラスメント研修実施

  2. 新入社員へのダイバーシティ教育

  3. 従業員番号・職服の男女共通化

  4. 社内相談窓口設置、相談事項解決に向け個別対応(トイレ・更衣室・健康診断対応など)

(6) キャリア採用社員への取り組み

㈱デンソーでは、新しい価値の創出につなげるべく、社外の多様な経験・知識を取り入れるためにキャリア採用を積極的に行っています。入社後は、同時期に入社した社員を集めて導入研修を行うなど社内の人的ネットワークの構築を支援する他、定期的に心身面での健康状態を把握し、即戦力としての早期活躍と定着率向上に向けた取り組みを行っています。

3. ワークライフバランスに向けた取り組み

(株)デンソーでは、多様なライフスタイルの社員にとって働きやすい会社となるため、仕事と私生活の両立を充実させるための柔軟な制度を整備するとともに、職場全体での意識・働き方改革を促す取り組みを実施しています。

ワークライフバランスにむけた取り組み [(株)デンソー]

育児・介護にともなう休職制度・働き方の充実 育児・介護とも安心して仕事を続けられるように、法定以上の休職制度・勤務体系を整備しています。
事業所内託児施設の運営 生後8週~小学校入学前までの児童を対象とした託児施設。
会社カレンダーに合わせた祝日の運営だけでなく、早朝や一部夜間の預け入れができ、個人の状況に応じた多様な働き方に対応しています。
  • たっちっちハウス(トヨタグループ5社で経営)
    愛知県刈谷市4か所、愛知県額田郡幸田町1か所、三重県いなべ市大安町1か所

  • きらきら保育園
    静岡県湖西市1か所

技能系職場向け祝日保育 会社稼働日である祝日に、製作所内に託児スペースを設置し、子を持つ社員も祝日に出勤可能な体制を整えています。
テレワーク制度の導入 終日もしくは出社前・帰宅後の在宅や社外で勤務する働き方を導入。
フレックスタイムとの併用により、働く場所・時間の柔軟性確保に努めています。

育児との両立支援制度

  • alt

介護との両立支援制度

  • alt
育児・介護休職取得者数[(株)デンソー]
年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
育児休暇 女性 256名 277名 286名 349名 316名
男性 27名 32名 45名 57名 123名
介護休暇 女性 3名 7名 8名 9名 2名
男性 9名 8名 7名 16名 8名
育児のための
短時間勤務
女性 316名 315名 307名 344名 361名
男性 3名 3名 2名 6名 9名

4. 社外からの評価

  • alt

株式会社デンソーはダイバーシティ推進を経営成果に結びつけている企業として、2016年経済産業省より『ダイバーシティ経営企業100選』に選出されました。

また、厚生労働省より 男女ともにそれぞれの職業生活の全期間を通じて持てる能力を発揮できる職場環境を整備する企業として2018年度「均等・両立推進企業表彰」ファミリー・フレンドリー企業部門で厚生労働大臣優良賞を受賞いたしました。

女性の活躍促進に向け、トップの意識表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワークライフバランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取り組みを行っている企業として、本社がある愛知県から「あいち輝きカンパニー」の認証を受けました。

アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)や固定観念にとらわれず、多様な力を持つ社員がその能力を存分に発揮し、経営成果に結び付けられるよう人材にまつわる情報を科学的なアプローチで活用し、社員一人ひとりの強みに寄り添った適材適所を実現する取り組みをしています。この取り組みが評価され『第8回 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞』を受賞しました。

今後の取り組み

多様性への取り組みは、社会全体そしてデンソーグループの持続的成長に不可欠な取り組みです。
今後も「多様性の促進」と「ワークライフバランスの推進」をデンソーグループ全体の経営課題としてとらえ、グループ一丸となって取り組みを充実・強化していきます。