alt

品質管理

基本的な考え方

デンソーは創業以来、お客様に信頼され、ご満足いただける安全・高品質な商品を提供することをデンソーグループサステナビリティ方針で約束しています。そして、品質保証の基本方針として「品質第一主義の徹底、源流段階での品質保証、全員参加による品質管理の推進」を掲げ、お客様第一の製品づくりを進めています。
また、営業・技術の各部署がお客様から収集した情報をもとに、品質・コスト・納期ともにお客様満足を高める継続的改善に努めています。

推進体制

デンソーは、世界各地域のお客様にその地域特性に応じた最適製品を提供するために、日本・アメリカ・ドイツ・タイ・中国・インド・ブラジルにテクニカルセンターを設置し、地域特性に応じた製品開発や品質試験・評価ができるグローバル体制を整えています。
なお、デンソーでは、品質マネジメントシステムの国際規格ISO/TS16949の認証取得を完了しています。

品質保証の方針・体制

    • 品質保証の方針・体制

具体的な取り組み

新製品の品質保証—安全性確保を最優先に捉えた製品づくり

新製品の品質保証では、品質管理や生産技術等の専門部署も一体となって製品完成度や品質リスクを見える化し、品質を厳しくチェックしています。

設計部門では、フェールセーフ*1設計等の安全設計や安全性の評価を徹底し、機能安全(国際規格ISO26262)に準拠したシステム・製品設計を進めています。特に設計段階では、高い信頼性・耐久性を保証するため、自社テストコースでの高速周回・悪路・低温・着氷等の実車試験、環境試験室での各種テストを繰り返し、厳密な品質確認を行っています。

また機能部門では、製品企画から生産・出荷までの実施要領と責任部署を明確にするとともに、法規制の順守を厳しく確認しています。特に新製品の立ち上げ時には、責任部署に対して社内規程に基づく安全性評価や法規制に対する確認結果の報告を義務付けています。

特にADAS(高度運転支援システム)においては、衝突被害軽減ブレーキの誤作動評価手法などを確立すると共に、最新のNCAP*2(夜間や自転車)や市街地、自動車専用道を模擬した評価設備を整備しています。更に、市場走行で検出した誤作動要因を組み合わせてテストコースで再現し、安全性の確保を徹底しています。

*1 故障や操作ミスが発生しても安全側に制御されること。評価設備による品質確認。
*2 New Car Assessment Programme(新車アセスメントプログラム)の略。自動車安全テスト

    • 夜間歩行者 衝突被害軽減ブレーキ評価

      夜間歩行者 衝突被害軽減ブレーキ評価

    • 市街地路 夜間市街地模擬評価

      市街地路 夜間市街地模擬評価

教育・訓練・啓発活動

デンソーでは、人づくりこそが事業の基盤であると位置付け、体系的・継続的に技術者・技能者を育成するとともに、実際に触れて体得する実践教育・訓練などを通じて、デンソー流モノづくりの伝承を図っています。

<研修活動>

  • 遠隔地の国内外グループ会社でも受講可能なe-ラーニング、サテライト研修

  • 「技術道場」、「品質道場」(本社)、「モノづくり道場」(国内外の生産拠点)における実践教育

  • 「階層別教育」、専門分野別「スキルアップ研修」

  • 「技術/技能検定」

<自主/相互研鑽・情報共有>

  • 国内外グループ会社、仕入先が参加する「QCサークル全社大会」

  • 各職場単位での「QCサークル活動(技能系)」「Active Meeting(事技系)」
     第47回 全日本選抜QCサークル大会 製造部門  本部長賞 金賞を受賞
     第10回 全日本選抜QCサークル大会 事務・販売・サービス部門 本部長賞 金賞を受賞

    • 全日本選抜QCサークル大会 製造部門 本部長賞 金賞受賞

      全日本選抜QCサークル大会 製造部門
      本部長賞 金賞受賞

    • 全日本選抜QCサークル大会 事務・販売・サービス部門 本部長賞 金賞受賞

      全日本選抜QCサークル大会 事務・販売・サービス部門
      本部長賞 金賞受賞

  • 五感を活かして製品の不具合を発見する「品質技能競技会」

  • 関係会社も招いた「品質向上展示会」、「お客様満足(CS)向上展示会」、「デンソーTQM大会」

  • 過去のトラブル事例の教訓を学ぶ「過去トラ展示館」など

今後の取り組み

ADAS(高度運転支援システム)やAD(自動運転)、コネクティッドなど、クルマを取り巻く技術は進化しつつありますが、クルマが進化しても事故を起こさない高品質の製品を提供するという考えは変わりません。今後も常に先を見据えた品質保証体制、取り組みを強化することで、品質の高い製品やサービスを社会に提供し続けていきます。