alt

デンソーグループの調達方針

基本的な考え方

デンソーでは、35の国・地域で事業展開するグローバル企業として部品・原材料・設備の最適調達をめざし、約6,100社の仕入先様から年間2.0兆円規模の調達(現地調達率約80%)を行っています。
活動にあたっては「自由・公正・透明な取引」を基本に5つの方針を定め、国籍・企業規模・実績にかかわらず公平に参入機会を提供する「オープン・ドア・ポリシー」、対等なパートナーである仕入先様との相互発展、下請法など各国・地域の法令順守などを明文化し、全グループ会社で共有しています。

1. オープン・ドア ポリシー

当社は製品用部品・材料、生産設備等の調達に関して、国内外を問わず公平・公正な姿勢で広くサプライヤーを求め調達活動を展開しています。
サプライヤー選定にあたっては、品質・技術・コスト・納期に加え継続的な改善に取り組む姿勢・体制等を総合的に勘案しています。

2. 相互信頼に基づく相互発展

当社は取引を通じて相互発展を図っていきたいと考えています。
そのためには、サプライヤーとの緊密なコミュニケーションにより強い信頼関係を築くことが重要であると考えています。

3. 環境に配慮した「グリーン調達」の推進

当社はトータルな視点で、環境に配慮した開発・設計、生産活動を推進しています。
そのために「環境に配慮された仕入先様から、環境負荷の少ないものを購入する」ことを目指しています。

4. “良き企業市民”を目指した現地調達の推進

当社は企業活動の場を広く世界に求め、現地生産・現地調達に積極的に取り組んでいます。
この活動を通じて、地域社会への貢献と“良き企業市民”を目指しています。

5. 法規遵守と機密保持の徹底

当社は調達活動において関連する法規を遵守しています。
また、取引を通じて知り得た機密情報の取り扱いについて十分な注意を払っています。

推進体制

株式会社デンソーをグローバル調達本部として、海外各地域統括拠点の調達部門と連携しています。

  • procurement-policy190904-01

具体的な取り組み

仕入先様とのパートナーシップ強化

デンソーでは、グローバル競争の中、仕入先様と相互成長を図るため、会社ホームページあるいは「仕入先総会」などを通じて調達方針などの情報を共有するとともに、「仕入先評価制度」を設定し、仕入先様の企業体質強化や優良な仕入先様の表彰などに活用することで、パートナーシップの強化に努めています。
なお海外グループでは、各地域拠点の調達部門が中心となって、仕入先総会や仕入先との社別懇談会を通じて、お互いの理解を深め、双方の発展に繋がる施策を実施しています。

    • procurement-policy-img-constitution-assesment-program-ja

    仕入先評価制度(CAPS)の概要

    • alt

      毎年国内外の主要仕入先様 約377社が参加。

    仕入先総会

    毎年国内外の主要仕入先様 約377社が参加。

【Topics】2019年度仕入先総会

  • procurement-policy190904-03

5月20日に名古屋東急ホテルで、海外仕入先10社を含む計377社を招いて2019年度仕入先総会を行いました。 今大会は「笑顔」をコンセプトに、デンソーの未来に向けたモノづくりへの思いを共有し、パートナーシップを深め、グローバルな変革への取り組みを共に推進することを誓う場となりました。
また仕入先総会において、同時に優良仕入先様の表彰式を行いました。

2019年度表彰仕入先様一覧 (PDF:421KB)


  • procurement-policy190904-04

    小川裕義 代表取締役社長

最優秀仕入先賞 日亜化学工業㈱

【受賞者の声】
デンソーと本格的にLEDの取引が始まったのが2000年頃です。 共に新製品を立ち上げてきたデンソーから、2度目の最優秀仕入先賞をいただき大変光栄です。関係者一同モチベーションアップにつながっております。 今後はトヨタ生産方式の考えを取り入れた、ムダ取りにも注目し、製造現場から付加価値、コスト競争力を生み出すような取り組みに注力していきたいです。

  • procurement-policy190904-05

    Sunil Sharma Managing Director

優秀仕入先賞  INDICA INDUSTRIES PVT. LTD.

【受賞者の声】
優秀仕入先賞を受賞でき、大変光栄です。全工場から反響が届いています。 QCD、カイゼン、そして弛まぬ進歩で知られるデンソーから表彰していただけた事を、社員一同誇らしく思っています。 今後は、コスト、品質、物流について、カイゼンをより一層推進することが求められると考えています。材料の現地調達を進め、コスト競争力を一層高めていきます。

調達部門の自由・公正・透明な取引の実践活動

デンソーでは、調達部門自らも「自由・公正・透明な取引」の考え方を浸透できるように、その考え方や行動規範が明記された「社員行動指針」を調達に関わる全社員に配付し共有を図るなどの啓発を行っています。
またデンソーでは、「バイヤーのビジネスマナー」を調達に関わる全社員に配付し、仕入先様には内部通報制度の活用を呼びかけています。取引における順守事項を明確化した「コンプライアンスカード」を仕入先様と社内調達部門に配布・共有するなど、コンプライアンスの徹底を図っています。

今後の取り組み

今後も、仕入先様とのパートナーシップ強化を図り、品質、技術、コスト、納期、環境・安全・コンプライアンス等に優れた部品・材料・設備・サービス等の調達を通してお客様に満足いただける製品・サービスを提供しつづけるとともに、相互の発展に努めます。