DRIVEN BASE
alt

コミュニケーションに基づく相互信頼・相互責任

基本的な考え方
~長期安定雇用にむけて~

デンソーは、社員一人ひとりが誇りを持ち、高いモチベーションをもっていきいきと働きつづけることがデンソーグループの持続的な発展につながると考えています。その信念のもと、会社と社員との誠実な対話を通じて良好な関係を構築し、法令等を踏まえた労働時間、休日、賃金などの基本的労働条件の設定はもちろんのこと、生活賃金水準の維持、時間外労働時間の削減に向けた取り組みなど、労働条件のカイゼンを協議しています。
加えて、社員の働きやすさや組織の一体感・社員一人ひとりのモラル向上を通じて社員との相互信頼・相互責任の絆を深め、長期安定的な雇用の確保に努めます。
また、長期安定的な雇用に向けた取り組みは、各地域内や本社と情報交換を図りつつ、各国・地域の適用法令や慣行に則って対応しています。

地域別社員数(人)[デンソーグループ] 

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
日本 68,136 76,770 77,589 75,068 74,677
豪亜 43,455 50,099 49,139 39,803 40,319
北米 21,852 25,126 25,117 20,634 21,328
欧州 14,905 16,688 16,254 13,122 12,700
その他 3,311 3,309 2,833 2,832 2,835
合計 151,659 171,992 170,932 151,459 151,859
平均勤続年数・定着率・離職率 [(株)デンソー]
2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
平均勤続年数 22.14年
男性:23.04年
女性:16.20年
21.76年
男性:22.66年
女性:16.07年
21.67年
男性:22.58年
女性:16.08年
21.69年
男性:22.60年
女性:16.41年
21.75年
男性:22.59年
女性:17.01年
離職率
【注1】
0.55%
男性:0.40%
女性:1.53%
0.84%
男性:0.69%
女性:3.69%
0.78%
男性:0.68%
女性:2.55%
0.84%
男性:0.75%
女性:2.23%
1.08%
男性:0.98%
女性:2.72%
定着率
【注2】
96.67%
男性:97.24%
女性:94.74%
97.76%
男性:97.55%
女性:98.45%
95.95%
男性:96.34%
女性:94.81%
88.79%
男性:88.34%
女性:90.23%
85.02%
男性:85.71%
女性:84.81%

【注1】離職率:自己都合退社
   <参考>2021年度離職率(製造業)9.7%(厚生労働省「令和3年度雇用動向調査」)
【注2】定着率:入社3年目までの社員の離職率を引いた数字

具体的な取り組み

グローバルコミュニケーションチャネルの構築

デンソーでは、管理者と一般社員が積極的にコミュニケーションを図り、経営方針や経営に関する諸問題、および職場環境における問題を相互に共有・理解し、解決に向けて取り組んでいくことを基本としています。それを実現するために、定期的に全社・各職場単位で説明会や懇談会を開催するとともに、社長メッセージや社内掲示板など様々なコミュニケーションチャネルを準備し、タイムリーな情報共有に努めています。

    • communication-img-briefing-session

      事業計画従業員説明会<アメリカ>

    • communication-img-Internal-promotional-material

      社内広報「DENSO Connection」(中国版)

「社員エンゲージメント」向上施策

デンソーの持続的な成長の前には、社員一人ひとりが働きがいを感じ、主体的に挑戦・成長し続けることが重要です。
例えば、(株)デンソーでは、全社員を対象に「働きがい」、「挑戦意欲」、「職場の風通し」等についてのエンゲージメント調査を毎年実施しています。職場の結果は全員にフィードバックし、各職場では話し合いを通じてより良い職場づくりに取り組んでいます。更に、調査結果を人事諸施策の検討・改善にも活用しています。なお、社員エンゲージメント調査は、グループ会社においても実施しています。
また、労使が年間を通じて、「社員の自律・自立」や「風通しの良い職場づくり」について継続的に対話・行動するための労使協議会・労使懇談会を実施しています。
更に、社内外の仲間や家族などに感謝を伝える「デジタルThanksカード」や「デジタルファミリーデー」など、感染症拡大防止に配慮しながらも会社と社員の絆を強める施策にも積極的に取り組んでいます。

労働時間管理・労働に関する法令の遵守

デンソーでは、労働時間、賃金などの労働に関する各地域・国の法令に従った労務管理を推進するとともに、社員が働きがいをもっていきいきと働けるように、社員と対話をしながら労働条件の向上や職場環境づくりに努めています。
例えば、(株)デンソーでは、働き方改革促進や社員の心身の健康維持に向けて、長時間労働抑制に向けた取り組みを実施しています。労使で合意した36協定の順守に加え、時間外労働時間や有休取得日数の会社指標目標を設定し進捗状況を経営審議会へ報告することで過重労働にならないよう年間を通じてモニタリング・管理を行っています。(21年度平均有休取得日数:18.4日)
今後も社員との対話を大切にしながら働き方改革を推進し、長時間労働の抑制や、同一労働同一賃金の整備に伴う法改正や最低賃金の改定等の順守に向けて適切に対応し、社員の働きがいの向上に努めます。

ハラスメント防止に向けた取り組み

デンソーでは、「人権方針」に基づく行動の実践に向け、社員行動指針の中にハラスメントの禁止を明文化するとともに、グループ各社で社員に対する教育研修などの浸透活動を推進しています。
例えば㈱デンソーでは、職場管理者である課長以上および班長・係長全員に対し、ハラスメント防止研修を実施しています。また新入社員、一般社員に対しても理解度テストを実施し、ハラスメント防止に向けた活動に取り組んでいます。

福利厚生

デンソーでは、各国・地域の適用法令や慣行あるいは社員のニーズ等に応じ、社員の働きやすさ・モチベーションの向上や生活の充実を支援する福利厚生の充実を図っています。
たとえば(株)デンソーでは、多様化する福利厚生ニーズに応えるため、2007年から選択型福利厚生制度「デンソーカフェテリアプラン」を採用しています。他にも、食堂・保養所などの施設新設、財産形成支援制度やグループ保険制度なども設けています。他にも、食堂・保養所などの施設を複数所有。財産形成支援制度やグループ保険制度なども設けています。

    • communication-img-cafeteria

      社員食堂<中国>

    • communication-img-recreational-facility

      保養所<日本>

今後の取り組み

長期安定的な雇用を確保し続けるには、デンソーグループの持続的成長が不可欠です。
今後も社員とのコミュニケーションを大切にし、更に相互信頼・相互責任の絆を深め、会社・社員一丸となってデンソーグループの成長・発展に向けて努力してまいります。