alt

人材育成

基本的な考え方

多様な個性を持つ世界中のグループ社員一人ひとりが、共通の価値観を持ち、成長感と達成感を得ながら活躍するため、様々な能力開発の機会提供に努めるとともに、公平・公正に評価される制度づくりに取り組んでいます。

(株)デンソーにおける人事制度「Opening New Frontiers」

(株)デンソーでは、挑戦する風土のさらなる醸成により個人とチームの成長を促し、新たな技術・新たな市場・新たな働き方を開拓・確立することをめざし、「Opening New Frontiers」をキーワードに人事施策の整備を進めています。



    • (株)デンソーにおける人事制度「Opening New Frontiers」

具体的な取り組み

事業のグローバル展開が加速していく中、国や地域を越えて活躍するリーダーのさらなる育成・登用が不可欠です。
デンソーでは、グローバル共通の発揮能力モデル(コンピテンシー)や、社員共通の価値観であるデンソースピリット、グローバル幹部向けの育成施策など、グローバル共通の人事制度を順次整備し、多様な人材の活躍を推進しています。

グローバルでの取り組み

(1)グローバル共通の教育体系・現地人材の育成登用

デンソーでは、デンソーグループ全体で共有すべき価値観・信念を示した「デンソースピリット」(2004年制定)に基づき、日々の仕事を行うための基礎的な考え方・ツール・プロセスをまとめた「デンソーでの仕事の進め方」とデンソーにおける部下育成の考え方やプロセスをまとめた「On the Job Development」をグローバル共通教育として全世界へ展開しています。
同時に、現地人材の経営幹部登用を加速するため、「幹部候補育成プログラム」を開発・導入するとともに、人材管理プロセス(目標管理・評価・異動・昇進等)の共通化を図っています。

海外グループ会社の拠点長ポストに占める現地社員の割合
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
33%
(25人/77ポスト)
28%
(26人/92ポスト)
31%
(26人/84ポスト)
30%
(25人/82ポスト)
31%
(25人/81ポスト)

(2)グローバル共通人事制度の導入

本社ならびに海外グループ会社を含めた幹部層約2,300人を対象に、グローバル共通人事制度を導入しています。(2016年1月~)
当制度では、個人の発揮能力にフォーカスした世界共通の等級(Global Individual Grade・グローバル職能資格) を導入し、同じ基準で評価することで、世界中の人材が本社を含めたグローバル全体の中でキャリアを描くことを可能にしました。当制度を通じて、多様な価値観や能力を持った社員を登用することで、デンソーのグローバル事業をより発展させていくことを目指しています。

グローバルマネジメント職 階層別教育

    • グローバルマネジメント職 階層別教育

(3)若手技能者の育成

  • (3)若手技能者の育成

デンソーでは、独創的な製品開発・生産を可能とする高度な技術者・技能者の育成は企業成長の生命線と考えています。この考えのもと、(株)デンソーは1954年開設の「技能者養成所」の伝統を受け継ぐ「デンソー工業学園」(工業高校・高等専門課程)を運営。国内グループのほか、一部の仕入先様の技能者育成も支援しています。
また海外拠点では、海外生産拠点に訓練施設の設置、教育ツール導入、講師の派遣や「デンソー工業学園」への研修生の受入れ等の支援を行っています。
これらの教育システムで育った若手技能者の中から世界最高レベルの技を競う「技能五輪国際大会」のメダリストを多数輩出しています。

【TOPICS】第45回技能五輪国際大会で、計6個のメダルを獲得 (2019年8月)

  • 技能五輪国際大会累計メダル獲得数[デンソーグループ](2019年8月末時点)

    技能五輪国際大会累計メダル獲得数
    [デンソーグループ](2019年8月末時点)

2019年8月末にロシア・カザンで開催された技能五輪国際大会に、デンソーグループとして過去最多の10職種計20名(日本代表として11名、タイ代表として3名、インドネシア代表として2名、ベトナム代表として2名、およびメキシコ代表として2名が出場。金・銀・銅メダルを獲得しました。
技能五輪の参加目的は、優秀な成績を挙げるだけでなく、訓練を通じて将来の高度熟練技能者になりうる若い技能者の心・技・体を磨き、技能を伝承することです。
デンソーは、1971年の第20回大会で初めて国際大会に出場して以来、毎回選手を派遣し続けていますが、今後も、技能五輪への取り組みを通じて、若手技能者育成と技能の伝承を継続していきます。

(株)デンソーでの取り組み

(1)自主性を尊重したキャリア形成と階層別教育の充実

  • キャリア・デザイン施策

    キャリア・デザイン施策

(株)デンソーでは、全社員が毎年自主目標を設定し、上司との定期面談を通じて能力伸展と取り組みプロセスを重視した評価を行っています。また中長期の目線では、社員が将来めざしたい姿と、上司が描く育成計画を持ち寄り認識合わせすることで、それに向けた業務経験やローテーションを実施するなど、個人ごとのきめ細かなキャリア形成につながるよう努めています。
また、健全なキャリア意識醸成のため、各世代にキャリア研修を実施し、内省を促すとともに、オンデマンドコンテンツの充実など、自ら学ぶ社員を後押しする環境を整備しています。
ほかにも節目ごとに行われる階層別教育、必要な人材を広く社内から募集する社内人材公募、仕事上の進路や能力開発における悩みを相談できるキャリア相談室など、キャリア形成に関わる制度を設けています。

(2)新人社員研修における取り組み

  • (2)新人社員研修における取り組み

(株)デンソーでは、めざす人材像『自ら学び、自ら考え、挑戦し続けていく人材』の実現に向け、新入社員同士に研修時間を調整する権限を与え、自分たちで設定した研究テーマをやりきるチーム活動を取り入れています。
また、入社直後の導入研修にて、デンソーの歴史、スピリットなど、デンソーらしさ、AI・ソフトウエアといった先端技術、ロジカルシンキングといったビジネス基礎知識を学び、その後、実戦での試行錯誤と振り返り研修を複数回実施し、学びの定着・ヨコのつながり強化を図ります。加えて、担当する業務や製品の生産現場で実習を行うことで、ものづくりへの理解を深め、入社後1年かけて新入社員がこれから活躍する基礎力を磨き上げていきます。

(3)その他の取り組み

極めて高い専門性・実績を有した後進の目標となる人材を個別に認定・処遇等を付与する「認定プロフェッショナル制度」(2010年度~)や、期間社員から正社員への登用制度を設けています。

「認定プロフェッショナル制度」認定実績
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
人数 2名 3名 3名 3名 4名

今後の取り組み

「社員一人ひとりの成長が会社発展の基盤」という考えのもと、世界各国において、一人ひとりが能力を最大限に発揮して生き生きと働くことができるような、人事制度の整備・育成機会の提供に取り組んでいきます。