サステナビリティマネジメント

デンソーにとってのサステナビリティ

デンソーでは、社会のサステナビリティの視点を経営戦略に取り込み、その実践を通して企業価値の向上を図っています。

サステナビリティは、創業以来デンソーの経営の根底に流れている思想であり、社是、基本理念、長期方針に落とし込まれ、時を経ながら脈々と引き継がれてきた視点です。

サステナビリティ経営の運営状況を見える化し、取り組みを加速するため、マテリアリティを選定しました。今後もサステナビリティ経営の実践を通じ、広くステークホルダーの皆様からの共感を得ながら、社会の持続的成長の実現と、デンソーの企業価値向上を目指していきます。

企業理念&ビジョン

2017年10月、新たな事業活動の羅針盤「デンソーグループ2030年長期方針」を発表しました。
デンソーは、2030年に向け、「環境」、「安心」、「共感」の3つをキーワードに、従来から注力している「環境」、「安心」の提供価値を最大化することに加え、社会から「共感」いただける新たな価値の提供を通じて、笑顔広がる社会づくりに貢献していきます。

サステナビリティポリシー

「デンソー基本理念」を実践することがデンソーのサステナビリティであると考えています。基本理念に基づいた“グローバル企業”としてふさわしい行動を、社会やステークホルダーとのつながりの中で実践できるように「デンソーグループ企業行動宣言」(2006年4月)を策定しました。

推進体制

デンソーでは、専務役員会およびテーマ別委員会のもと、取り組むべき課題を審議し、その活動にあたっては関係部署が連携して推進しています。
またグローバル戦略部、および広報・渉外部が全社総括機能として、各専門部門の活動フォローアップ、各部門横断的な課題への対応、社外情報発信およびステークホルダーとのコミュニケーション等を推進しています。
なお、CSR浸透の牽引役として、各部(グループ会社では各社)に1名ずつCSRリーダーを選任し、CSRの浸透・定着を図っています。

マテリアリティ

社会に存在する様々な課題の中から、デンソーが優先して取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を選定しました。事業活動を通じてその課題の解決を図ります。

マテリアリティ選定プロセス

マテリアリティテーマと関連するSDGs

具体的な活動 ~サステナビリティの社内浸透~

デンソーでは、社員啓発活動や情報発信などを通じて社員へのCSR浸透活動を行っています。

社員教育(e-ラーニング)
ワークショップ
CSRニュース
ステークホルダーダイアログ

社員行動指針

「デンソーグループ企業行動宣言」を受けて、社員一人ひとりがデンソーグループの一員としてとるべき行動のガイドラインを明確にするため、日本・北米・欧州・中国・豪亜・インド等で各地域の文化や歴史などに配慮した「社員行動指針」を策定・展開し、機会があるごとに自身の行動を点検するツールとして活用しています。

情報発信

サステナビリティに関するトップメッセージと、身近なサステナビリティ情報を掲載した「CSR便り」(日本語・英語版)を、四半期に一度、デンソーグループ社員に向けて発行しています。

社員浸透状況の把握

社員のサステナビリティに対する理解・実践度合いを把握・点検するために、意識調査を実施しています。

【事例紹介】「CSRサーベイ」[(株)デンソー]

(株)デンソーでは、社員のCSRに対する理解・実践度合いを把握・点検するために2006年から毎年「CSRサーベイ」を実施しています。

質問:社員行動指針を実践している

質問:環境や安心・安全を意識した行動を実践している

質問:会社生活でCO2削減を実践している

質問:自分の仕事と社会のつながりを理解している

社会(ステークホルダー)との対話(ダイアログ)

自社の論理や思いこみにとらわれて独善的な活動とならないように、ステークホルダーの皆様との対話を大切にしています。

今後の取り組み

事業活動と連携し継続的な進捗管理を図るため、選定したマテリアリティを全社で共有し、各マテリアリティテーマに沿った長期目標とKPIの設定を進めています。KPIは、社会課題解決への貢献を見える化することで、社員の仕事に対するモチベーション向上につながるよう工夫します。また、半期に一度、執行役員会でKPIに対する進捗を報告し、達成に向けた課題を抽出し、取り組みの改善に繋げます。このサイクルを回すことで、サステナビリティ経営をより効果的に実践していく予定です。