エネルギー×1/2

現状のまま温室効果ガスの抑制策が追加されないと、世界の平均気温が上昇するなど、気候変動が加速し、世界に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。地球温暖化を抑制するために、CO2排出量の削減が求められています。デンソーは、地球温暖化やエネルギー・資源問題を解決する技術で、CO2排出量の半減を目指します。

クルマが走行しているときに排出するCO2排出の半減に向け、製品開発において、燃費向上や燃料の多様化に対応する新技術・製品の開発を進めています。また工場においても、生産変動にあわせた「エネルギーJIT(Just In Time)」活動や物流改善などにより、エネルギーハーフをめざし、CO2削減を推進していきます。

究極の燃費性能

究極の燃費で、くるま社会のCO2削減をけん引します。

ミニマムCO2 モノづくり

モノづくり革新により生産分野のエネルギーハーフをめざします。

低炭素なくらし・移動

社員はいつでもどこでもエコライフを実践します。