環境マネジメント

デンソーは、「エコビジョン2025」を全グループ会社で共有し、事業活動のあらゆる側面において環境活動を推進しています。

推進体制

デンソーは、年2回、副社長を委員長とし、経営幹部・海外の地域統括責任者・グループ会社の環境責任者が出席する環境委員会を開催しています。委員会では、方針の策定や活動の進捗状況の共有、課題や解決策の検討を行っています。

委員会の下部組織として、各担当役員をトップとした専門部会「エコプロダクツ小委員会」「エコファクトリー小委員会」「エコフレンドリー小委員会」を設置し、各分野の課題や対応方針を検討するとともに、関係するすべての部署が連携し、全社的な取り組みを推進しています。

環境委員会組織図

具体的な取り組み

グループ連結環境マネジメントの推進

デンソーでは、連結環境マネジメント対象会社へ環境方針・指針を共有し、連結環境マネジメントを展開しています。

グローバルに環境取り組みを確実に推進するため、世界6極体制(日本、北米、欧州、アジア、中国、南米)で推進しています。また、各地域統括の環境責任者を対象とした、グローバル安全環境会議を毎年3回開催し、エコビジョン2025の進捗の確認や課題の解決を図っています。さらに、グループ会社は、エコビジョン目標の達成に向け、年度計画を策定し、活動を推進しています。

また、連結環境マネジメントの評価(Check)、改善(Action)として、国内外のグループ会社を対象とした環境診断を実施し、環境リスク対策・環境負荷低減(CO2、排出物等)・環境社会貢献活動等の状況を現地で確認することによりレベルアップを図っています。

ISO140001認証取得、環境監査の実施

デンソーは、環境マネジメントシステム(国際規格ISO14001)の認証を取得、維持・更新しています。2010年には、統制強化と効率化を目的に、国内12事業所の環境マネジメントシステムをひとつにまとめ、統合認証を取得。2016年には、2015年版ISO14001への移行を早期に完了しました。(適用範囲は以下を参照)

また、グループ各社でも取得を推進、認証取得の更新を行い、統合マネジメントシステムのもと、維持・改善に日々取り組んでいます。

<ISO14001適用範囲 (2018年4月時点)>

本社、安城製作所〔同製作所に所在する(株)デンソーリマニを含む〕、西尾製作所、高棚製作所、大安製作所、幸田製作所、豊橋製作所、阿久比製作所〔同製作所に所在する(株)デンソーウェーブを含む〕、先端技術研究所、善明製作所、額田テストセンター、(株)デンソー網走テストセンター、各拠点に所在する(株)デンソーユニティサービス、(株)デンソーパワトレインテクノロジーズ、(株)SOKEN、(株)デンソーエスアイ

(注)2018年4月、デンソーと旧アスモ株式会社と事業統合しました。新たにデンソーの事業場となった湖西製作所(旧アスモ株式会社 本社及び本社工場)、豊橋東製作所(旧アスモ株式会社 豊橋製作所)、東広島工場(旧アスモ株式会社 広島工場)、豊橋製作所<モータ事業部モータ製造2部3工場>(旧アスモ株式会社 豊橋南工場)についても、ISO14001認証継続中です。

グループ相互環境監査・改善活動の展開

ISO14001環境監査 [(株)デンソー(日本)]

環境マネジメントシステムのPDCAサイクルの中で、継続的な活動改善や環境データの信頼性を点検するのが、内部監査と外部審査です。デンソーでは、内部監査で約400項目を点検する自己監査とともに、事業所が互いにチェックする監査により精度の向上を図っています。また、監査時にベストプラクティス(優秀事例)を抽出し、事例を社内イントラネットで共有して活動のレベルアップにつなげています。

環境リスクマネジメント

デンソーは、各国・地域の環境法規制より厳しい「デンソー安全環境管理基準(DAS)」を設定・運用し、事業所の立地条件や事業内容から想定される環境リスク(環境事故・汚染・法令違反など)を特定して、未然防止とリスクの最小化に取り組んでいます。

特に、自主基準を超える排水・排出ガス、油濁、化学物質の漏えい、土壌・地下水汚染、騒音・悪臭、廃棄物処理・リサイクル違反に関わる規制・規程の順守を再確認するとともに、産業特殊ガス(特定高圧ガスや半導体材料ガス)や化学物質・薬品の運用管理規程を整備し、社員や地域の災害・事故防止に努めています。

また、近隣からの苦情については、(1)異常を発生させない(2)万一発生させた場合は被害の最小化と確実な情報開示を基本に、日常点検・監視測定とともに、毎年、緊急時対応訓練を行っています。

なお、2017年度は環境関連法に関して、重大な違反・訴訟問題はありませんでした。

化学物質リスクマネジメント

工場から出る化学物質の「環境影響度」(リスク)を見える化し、環境に優しい生産プロセスの導入を通じて、地球環境に貢献しています。

背景・目標

VOCの削減推進状況

サプライチェーンにおけるグリーンパートナーシップの構築

デンソーでは、多くのサプライヤーから様々な分野にわたる材料・部品等を調達しており、これまでも「グリーン調達ガイドライン」を指針に、サプライヤーの皆様とともに、環境の取組みを進めてきました。これによりデンソー製品のライフサイクル全体の環境負荷低減やサプライヤーの皆様およびデンソーグループ相互の資源・エネルギーの有効活用を図っています。2017年度は、サプライチェーンのCO2削減、水リスクを把握するため、自主チェック調査を実施しました。

「グリーン調達ガイドライン」のグローバルでの改訂

デンソーでは、日本だけでなく、グローバルに調達を推進しており、2017年度にはグローバルで統一したグリーン調達ガイドラインへ改訂しました。

化学物質規制への確実な対応

化学物質の製造・使用による人への健康と環境への重大な悪影響の最小化のため、日本の化審法、欧州のELV指令、REACH規則など、世界各国で化学物質への規制が強化されています。デンソーでは、これらの規制に対応するため、サプライヤーの皆さまのご協力を得ながら化学物質管理の仕組みを構築し、運営しています。