株主・投資家様への責任

基本的な考え方

デンソーは、「企業行動宣言」の中で「長期安定的な成長を通じて企業価値の向上をめざすこと、事業・財務情報の適時・適切な開示と対話を通じて経営の透明性を高めること」を株主・投資家の皆様への責任として明文化しています。この方針に基づき、経営戦略や財務情報などの企業情報を適時性・公平性・正確性・継続性を重視して発信しています。
また、株主総会・ホームページなどを通じて双方向の良好なコミュニケーションを図るIR(インベスター・リレーションズ)活動を展開しています。
このような対話の機会を通じて得ることができた、株主・投資家の皆様からの声は、定期的に取締役会へフィードバックをし、経営に活かしています。

情報開示とIR活動

IR情報の開示は、公平性と透明性を期すため、法定開示基準の順守はもちろん、原則として日本語版・英語版を同時期に作成し、国内外で情報のタイムラグが生じないよう努めています。
また、ホームページで四半期ごとに財務情報を開示するとともに、投資機会促進のため機関投資家・アナリストの方々を対象に決算説明会・技術説明会・工場見学会などを開催しています。
毎年6月に開催する定時株主総会は、ホームページで動画配信を行うとともに、総会を活用した工場見学会も開催し、情報開示の充実に努めています。

定時株主総会(2016年6月)

IR活動内容

対象者 IR活動
国内機関投資家・証券アナリスト 四半期ごとの決算説明会、個別訪問/個別取材、スモールミーティング
アニュアルレポートの発行、★技術説明会、★工場見学会
★主要モーターショーIRカンファレンス
海外機関・投資家 個別訪問/個別取材、電話会議、証券会社主催カンファレンス参加
アニュアルレポートの発行
個人株主・投資家 工場見学会(株主総会終了後)
事業報告書、「株主総会招集ご通知」の発行

★:定例のIR活動に加えて実施した2015年度の取り組み

株主還元方針と株式の状況

持続的な事業成長を果たし、企業価値を高めるための設備投資、研究開発、M&Aなどを行うとともに、連結業績および配当性向・配当金額を勘案し、長期安定的に配当を実施します。また、資金状況、市場環境を考慮の上、自己株式を取得してまいります。
2015年度の配当は、これまでの業績推移と経営環境を踏まえ、年間で前年より10円増の120円といたしました。今後とも、企業価値の向上に努めるとともに、一層の株主還元を図ってまいります。

株式保有者の分布情報

外部機関からの評価

デンソーは、「社会的責任投資(SRI【注1】)」において、欧州の代表的指標のひとつ「ESI【注2】」や、日本の「モーニングスター社会的責任投資指数(MS-SRI)【注3】」に連続選定されるなど高い評価を受けています。

今後の取り組み

引き続き、株主・投資家の皆様や社会のニーズ・ご期待を踏まえ、情報開示の充実に向けて、事業・財務情報の開示や対話の場づくりを柱に、活動のレベルアップを図っていきます